• HOME
  • 債務整理の用語集

債務整理用語集

あ行

担保証 債務者同士がお互いの債務を保証し合うこと
按分弁済 各債権者の債権額割合に比例して返済すること
異時廃止 破産宣告後の破産手続き中における破産の廃止
一括弁済 残存している債務を一度にすべて返済すること
一本化 複数からの借り入れをすべてひとつにまとめること
一部免責 一定の金額を支払うことを条件とした返済の免除
違約金 契約内容に違反した際に支払う損害賠償の予定額
受取証書 債務を弁済した際に債権者が発行する領収書
売掛金 分割払いや後日支払いを約束した未回収の代金
浮貸し 金融機関職員が行う不正貸付や媒介等の横領行為
延滞 支払いや納入が滞ることまたは約束の期日より遅れること
押し貸し 無断で口座に振り込みの後法外な請求をする詐欺行為
オーバーローン 住宅ローンの残金が売却価格を上回っている状態
おまとめローン 複数からの借り入れをすべてひとつにまとめること

 

 

か行

過払い 利息制限法以上の利息を余分に支払うこと
過払い金返還請求 余分に支払った金銭を返してもらう法的手続き
可処分所得 収入から税金と社会保険料等を差し引いた金額
仮差押え 債務者の財産を保全のため暫定的に押えておくこと
管財事件 選任された破産管財人により財産を処分配当すること
換価 管財人が破産者の差押え財産を金銭に換えること
官報 国立印刷局が毎日発行する国の広報機関紙
期限の利益 期限が到来しないことによって得ることのできる利益
強制執行 裁判所を通して強制的に債権を保全回収する手段
金銭消費貸借 金銭の貸し借りで借りた金額と同等の金額を返すこと
給与所得者等再生 安定した収入のある債務者が行える個人民事再生
クレサラ クレジット信販会社とサラ金消費者金融等の略総省
グレーゾーン金利 出資法上限金利以内で利息制限法を超過した金利
減額報酬 債務整理により減額された金額に比例した成功報酬
競売 裁判所の管理下で差押え財産を強制的に売却すること
個人再生 条件を満たすことにより利用可能な個人用民事再生
公正証書 公証人が作成する高い証明力が認められる公的文書

 

 

さ行

債務者 契約に従い支払い義務のある金銭を借りた側の者
債権者 契約に従い支払い要求ができる金銭を貸した側の者
債務不履行 債務者が契約上の支払いや期日等の約束を守れないこと
債務整理 借金の返済条件緩和や返さなくてもよくする手段の総称
債務超過 借金の総額が財産の総額を上回っている状態のこと
債務名義 債権者に請求権があることを確証させる公的文章
差押え 債務者から強制的に債権を回収する法的手段
サラ金 サラリーマン金融の略称で消費者金融のこと
自己破産 地方裁判所でおこなう借金が帳消しになる法的手続き
小規模個人再生 継続して収入が見込める債務者が行える個人民事再生
消費者金融 個人消費者を対象として信用貸付を行う金融業者
商工ローン 事業者を対象として事業用資金の貸付を行う金融業者
受任通知 債権者に債務者の代理人として介入したことを知らせること
出資法 年率29.20パーセントの上限金利等を定めた法律
寸借詐欺 すぐに返すと言って金銭等をそのまま騙し取る詐欺行為
整理屋 己の利益のために不当に債務整理を行う代理権の無い者
訴状 訴えを提起するときに裁判所に提出する書面

 

 

た行

多重債務
複数の金融業者から借入をして返済困難な状態のこと
滞納 支払いや納入が滞ることまたは約束の期日より遅れること
代位弁済 債務者に代わり第三者が債務の弁済をすること
担保 あらかじめ債務の弁済確保として債権者に提供されるもの
遅延損害金 期日に遅れた際に通常利息に上乗せされる損害賠償金
着手金 依頼された仕事に取り掛かるために必要な費用
つなぎ融資 予定されている資金が入金されるまでの間を補う短期融資
抵当権 債務者が使用しながら債権者が優先弁済をうけられる担保
デメリット 物事を進める際に生ずる危険性や欠点等のマイナス要素
同時廃止 無資産が明確な場合に破産手続を早々に終結させること
特定調停 簡易裁判所にて債務者が自分自身で行う軽度の債務整理
トイチ 10日間ごとに1割の利息が掛かる違法金利の略称

 

 

な行

内容証明郵便 重要な意味を持つ意思表示を郵便局が証明する特殊郵便
任意整理
債権者との駆け引き等の交渉技術により行う債務整理
任意売却 競売を避け債務者が自発的に担保物件を売却すること
抜け幅 保有持ち高から決済するまでの利益を測る値動きの幅
根抵当権 継続的な変動債権を極度額の範囲で担保する特殊抵当権
根保証 債務者の追加融資を含む融資限度額に対しての連帯保証
ノンバンク 預金受け入れを行わず資金貸付のみを行う金融機関

 

 

は行

破産管財人 破産手続中に破産財団に属する財産の管理処分をする者
ハードシップ免責 個人再生において特殊事情により残債務を免除してもらうこと
非免責債権 免責許可の決定がされても免除されない税金等の特殊債権
非債弁済 債務が存在しないにも関わらず弁済として支払いをすること
不当利得 法律上の根拠無しに他人の財産によって利益を受けること
ブラックリスト 個人信用情報に登録される滞納や事故情報の仮名
復権 破産宣告決定により一時的に失った権利資格を回復すること
弁済 債務者が契約に基づいた支払いをして債務を消滅させること
変動金利 社会経済や金融情勢により見直しがされる変動する金利
保証人 債務者本人が支払い不能の場合に返済義務を負う者
法定利息 有利息契約で利率を定めていない場合に適用される利息

 

 

ま行

マル保融資 公的機関である信用保証協会からの債務保証がついた融資
みなし弁済 債務者が利息制限法を超過して任意に支払った金利の容認
民事再生 債務を圧縮して一定期間中に弁済する再建型の清算手続き
無担保無保証 物的担保も保証人も必要としない完全信用での融資のこと
無料相談 通常有料でおこなう相談料金が一切かからない相談のこと
免責 自己破産後に残存しているすべての債務が免除されること
名義貸し 自分の名前で他人に融資を受けさせ返済も任せること
申立て 裁判所等に対して訴訟行為を求める意思表示をすること

 

 

や行

ヤミ金 高金利や悪質取立等の出資法違反に該当する闇金融の略称
約定利息 法律で定められた利率を上限に契約で決めることができる利息
融資 需要者に対して金銭を貸し付けることや資金を融通すること
与信審査 融資する際に行う事故歴や返済能力等に関する事前調査
予納金 自己破産や民事再生の際等に裁判所に前もって納める金銭

 

 

ら行

ラインシート 金融機関が融資先ごとに詳細情報を記す貸出調査票
利息制限法 貸金業者の貸付金利の上限を制限する罰則のない法律
リボ払い 毎月決められた一定額を払うリボルビング返済方式の略称
累進利息 金額が増加することに比例して増加していく利率のこと
累計赤字 毎期決算で欠損を計上している際の欠損金の総合計
連帯保証人 債務者本人と同等の返済義務を負う責任の重い保証人
レディースローン 信販会社や消費者金融等がおこなう女性専用の融資
ローンシュミレーション 借り入れから完済までの返済額や返済期間等の計画

 

 

わ行

和解契約書 任意整理等で債権者と合意した証しに交わす新契約

 

 


   護士法人堀内恭彦法律事務所では、債務整理に関する無料相談を実施を しております! 
 相談のご予約電話番号は、 092-751-7355
  です。お気軽にご相談ください。
 

過払請求について 任意整理について 個人再生について 自己破産について
債務整理で払いすぎた金利を取り戻します。 法定利率に基づき、再計算を行い、借金を減額します。 裁判所に申し立て、借金の大幅減額を目指します。 裁判所に申し立て、借金の清算を目指します。



■HOME   ■弁護士紹介   ■事務所紹介   ■アクセス   ■費用

【債務整理をする際の事務所選び3つのポイント】

ImgLS1.jpg

債務整理のご相談 弁護士法人堀内恭彦法律事務所 福岡弁護士会所属 登録番号 25259 

〒810-0042 福岡 市中央区赤坂1丁目13番10号 赤坂有楽ビル8F tel:092-751-7355

copyright © 2011 弁護士法人 堀内恭彦法律事務所(福岡) All Right Reserved.